全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、2月のミラーレス一眼デジタルカメラの販売台数は前年比76.5%。1月は90.1%で増税反動からの回復の兆しがみえたが、再び前年を大きく下回った。上位メーカーも軒並み低迷しており、ポジティブな要因が見当たらない状況になっている。

 メーカー別では前月、半年ぶりに販売台数シェアトップを奪還したソニーが2月も首位を継続した。オリンパスも好調で、ソニーに微差で及ばなかったものの、キヤノンを抜いて2位に浮上。キヤノンは前年比61.2%に沈んだ。週次で推移を追うと3社が抜きつ抜かれつで競り合っている様子がうかがえる。
 シリーズ別ランキングでは、オリンパスの「OLYMPUS PEN E-PL9」が2カ月連続で首位を獲得。キヤノンの「EOS Kiss M」とソニーの「α6400」は微差ではあるが前月と順位がひっくり返っている。2月末にはオリンパスが「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III」を発売しており、3月の動向が注目される(BCN・大蔵 大輔)
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。