アニプレックスは、3月16日に発売された『週刊少年ジャンプ』(集英社・刊)2020年16号の誌面で、テレビアニメ「鬼滅の刃」を原作とするゲーム化プロジェクト2本が進行中であることを発表した。

 現在、ゲーム化が進んでいるのは、スマートフォン(スマホ)向けアプリゲーム「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」と、PlayStation 4(PS4)向け「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」の2本。「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」が20年の配信、「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」が21年の発売を予定している。なお、「鬼滅の刃」を原作とするゲームは、両タイトルが初となる。
 あわせて、ゲーム化プロジェクトの公式ポータルサイトや、アニメ版「鬼滅の刃」の制作を担当しているufotable描き下ろしのキービジュアルや公式サイト、ソーシャルメディアアカウントを公開している。
 鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアルは、プレーヤーが鬼殺隊と鬼の陣営に分かれて戦う非対称型のマルチプレーゲーム。鬼殺隊は、味方の隊士と協力しながら鬼の滅殺を目指し、鬼が鬼殺隊の殲滅を狙う。ダウンロード・基本プレーは無料で、アプリ内課金あり。対応OSはiOS/Android。鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚は、PlayStation 4向けの鬼殺対戦アクション。