テレビ朝日とソフトバンクは、沖縄県北谷町で3月20日に沖縄県のプロサーファーがサーフィンする姿を撮影したライブ映像を、第5世代移動通信システム(5G)を活用して伝送し、テレビ朝日の本社から映像の遠隔操作・編集をリアルタイムに行う実証実験に成功した。

 近年、インターネットテレビや動画配信サービスといったインターネットを活用した映像サービスや高精細な4K映像など、臨場感のある映像コンテンツの需要が高まっている。一方、放送業界では映像の高度化に伴う番組制作での作業の負荷や、編集機材のコスト増加などが課題。テレビ朝日とソフトバンクは、こうしたニーズや課題に対して、5Gを活用した実証実験を行った。
 実証実験では、沖縄県のプロサーファーがサーフィンする姿を3台のカメラでライブ撮影し、5Gを活用して都内にあるソフトバンクのデータセンターまで伝送し、テレビ朝日の本社から遠隔でスイッチング操作(全映像を遠隔視聴し必要な映像のみを切り換えて転送)できることを確認した。
 また、全映像はソフトバンクのデータセンターに設置したサーバー内にリアルタイムで保存され、テレビ朝日の映像制作のエンジニアが遠隔で編集を行えることも確認できた。この実証実験の成功によって、これまで撮影現場の中継車などで行っていたスイッチング操作や映像編集をテレビ局から効率的に行うことが可能となる。