今年4月に健康増進法の一部を改正する法律が全面施行され、望まない受動喫煙を防止するための取り組みが「マナー」から「ルール」に変わるなど、喫煙に対する社会的な関心が高まっている。一方、同社は「シオノギ健康宣言 2018」の中で、「喫煙者ゼロを目指した事業所内禁煙」を重点ポイントの一つに掲げ、従業員一人ひとりの健康づくりを推進する活動に取り組んできた。

 今回、さらなる喫煙対策を推進するために、従業員の喫煙率ゼロを目指す「シオノギグループ『絶』煙宣言」を発出した。具体的には、「シオノギグループをあげて、『絶対に』タバコの煙の影響を受けない職場・家庭・社会環境を実現するという強い決意をこめ、2024年までにシオノギグループ従業員の『喫煙率ゼロ』を達成することを宣言する」としている。
 同社は、取り組むべき重要課題(マテリアリティ)として「成長を支える人材の確保“従業員の健康・安全衛生”」を特定し、従業員が生き生きと仕事に取り組める環境を提供することで、健康経営の維持に取り組んでいる。組織的な喫煙対策に取り組み、より積極的に健康維持・増進への活動を推進することで、今後も企業としての社会的責任を果たしていく方針。