やる気スイッチグループは、同社が運営するスクールに通う生徒の保護者を対象に新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う一斉休校期間の過ごし方に関するアンケート調査を実施した。調査によれば、子どもに対する悩みは、自宅学習での「集中力が続かない」ことという。運動不足も懸念しているとのことだ。

 調査は、同社が運営する「スクールIE」「チャイルド・アイズ」「Kids Duo」「WinBe」「忍者ナイン」「Kids Duo International」「i Kids Star」に通う生徒(2〜18歳)の保護者522人を対象に、3月27〜29日の期間に行われた。
 調査対象者に、一斉休校で困ったことや不安に感じたことを複数回答で尋ねたところ、最も多かったのは子どもの「運動不足」(71.5%)で、「生活リズムの崩れ」(56.9%)、「部活や習い事がなくなった」(47.7%)、「自宅学習で集中力が続かない」(45.4%)、「学校で勉強できなくなった」(44.8%)、「楽しみにしていたイベントの中止」(43.9%)という順になった。
 休校期間中の自宅学習について感じたことについては、「悩みや不安」が86.3%に達している。
 自宅学習への悩みや不安は、「集中力が続かない・集中できない」(20.1%)、「自ら進んでやらない・自発的にやらない・やる気が入らない」(15.3%)、「学習時間が短くなってしまう」(10.2%)といった回答が多かった。
 具体的には、「小学校高学年はそこそこ自主学習ができるが、低学年は1時間も持たない」「提出しなければいけないものなど、必要最低限の学習のみにとどまり、子どもが自発的に学習を進めることはなかった」「学校ではひと通り新しい単元は終わっていてまとめの時期だったのでよかったが、家ではせいぜい15分ほどしか集中できない。漢字ドリル1枚と算数ドリル1枚が精一杯」といった意見が寄せられている。