新型コロナ感染拡大に伴い、牛丼チェーンのテイクアウトが需要を高まっている。4月1日には大手3社(松屋、吉野家、すき家)が対象店舗に含まれているスマートフォン決済サービス「PayPay」の「全国の有名飲食チェーンが対象!春のグルメまつりキャンペーン」がスタート。お得になるとあって、利用を後押ししている。

 「全国の有名飲食チェーンが対象!春のグルメまつりキャンペーン」は、決済金額の20%(Yahoo!プレミアム会員は25%)相当のポイントを還元するというもので、4月30日まで開催している。付与上限は2000円相当/回、3000円相当/期間。PayPayユーザーであれば誰でも対象になる。
 “今だけお得”は松屋であれば、PayPay以外にもう一つ方法がある。それがネット注文で店頭で受け取れる「松弁ネット」の活用だ。同サービスは新規登録すると300ポイントがもらえる(6月1日10時まで)キャンペーンを実施中。また、4月1日からポイントの還元率が1%から10%に大幅アップしている。
 松弁ネットはQRコード決済に対応していないので、PayPayキャンペーンとの合わせ技が使えない。4月中はPayPay、4月以降は松弁ネット、という具合に使い分けることをおすすめしたい。(BCN・大蔵大輔)