Amazonが提供するID決済サービス「Amazon Pay」は、新たな支払い方法として「Amazon ギフト券」を6月1日から追加した。Amazon Payでの決済で、Amazonアカウントに登録されたクレジットカードに加え、Amazon ギフト券での支払いも可能となった。

 Amazon Payは、Amazonアカウントに登録された配送先住所やクレジットカード情報をAmazon以外のECサイトで利用できるID決済サービスとして、5月に日本での提供を開始した。
 今回、新たな支払い方法としてAmazon ギフト券が追加されたことで、ECサイトでクレジットカードの利用を控えたいと考えている顧客は、あらかじめコンビニなどで現金でAmazon ギフト券を購入しておくことで、Amazon Payが利用可能な事業者のECサイトでの買い物を楽しめるようになる。さらに、手持ちのAmazon ギフト券を、Amazon以外のECサイトでも利用可能となる。
 また、Amazon Payを導入している事業者では、今までAmazonアカウントにクレジットカードを登録していなかった顧客にも、最短2クリックで決済可能なAmazon Payを提供できるようになり、新規顧客による買い物機会の増加が期待できる。