フランスベッドは、イスラエルのオーカムテクノロジーズが開発した、視覚障害者や弱視の人向けに、メガネに取り付けて文字や人物の顔などを認識し、音声にして伝えるAI搭載視覚支援ウェアラブルデバイス「OrCam(オーカム)」の取り扱いを6月1日に開始した。

 OrCamは、自動車の衝突防止システムで使われている画像処理技術を応用して作られたAI搭載視覚支援ウェアラブルデバイスで、メガネに取り付けて使用する。印刷物や書籍、PC画面など、読みたい文字を指で指すことで、先端のカメラが文字情報を読み取り、音声で読み上げる。
 また、人間の顔も認識するため、目の前にいる人物の性別と人数に加え、事前に登録しておくことで人物の名前も読み上げる。さらに、色や紙幣、登録しておいた物、バーコードなど複雑な情報も読み取り、腕時計を見るジェスチャーをすると日時を読み上げるなど、多様な機能で日常生活をサポートする。
 なお、同製品は、世界48カ国、約3万人以上の視覚障害者に使用されている。日本では、18年11月に渋谷区で初めて「日常生活用具 給付事業対象品目」として認定され、視覚障がい者用読書器、拡大読書器、活字文書読み上げ装置でも認可されるなど、普及が進んでいる。
 ラインアップは、文字の読み上げのみが可能な「OrCam MyReader 2」と、顔や色など文字以外の認識も可能なフルスペック版の「OrCam MyEye 2」の2商品を用意している。価格(非課税)は、OrCam MyReader 2が24万8000円、OrCam MyEye 2が49万8000円。