オッポジャパンは、“余裕が進化したスマホ”をコンセプトに開発された、防水・防じん性能を備えた「おサイフケータイ」対応スマートフォン「OPPO Reno3 A」を6月25日に発売する。カラーは、ホワイト、ブラックの2色。税別価格は3万6182円。

 OPPO Reno3 Aは、日本におけるニーズの高い防水・防じん性能(IP6X/IPX8に準拠)と、「おサイフケータイ」に対応したスマートフォン。
 アウトカメラに4800万画素でF1.7の大口径メインレンズ、800万画素の119°対応超広角レンズ、200万画素のモノクロ撮影レンズ、200万画素のレトロなポートレート撮影対応レンズを備えた4眼カメラを搭載するとともに、1600万画素で「A.I.ビューティー機能」を備えたインカメラを搭載している。また、フロントカメラの「ウルトラナイトモード」は、メインレンズだけでなく超広角レンズにも対応する。
 バッテリ容量は4025mAhで、急速充電の「Quick Charge 2.0」対応なので、約30分間で45%、約2時間でフル充電できる。
 6.4インチの有機ELディスプレイは、水滴型ノッチを採用し、画面占有率89.9%を実現した。また、コーニングの強化ガラス「Gorilla Glass 5」を採用しており、ディスプレイ指紋認証機能を搭載している。
 フレーム設計の見直しなどによって、大画面と大容量バッテリを搭載しながら、片手でも持ちやすいサイズ・デザインを実現した。また、OSにAndroid 10.0をベースにカスタマイズした、ColorOS 7.1を採用している。
 CPUにオクタコアのQualcomm Snapdragon 665、6.44インチ有機ELディスプレイ(解像度2400×1080)、メモリ6GB、128GBのストレージを搭載し、最大256GBのメディアに対応したmicroSDカードスロットを備える。対応無線通信はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANと、Bluetooth 5.0。
 サイズは幅74.1×高さ160.9×奥行き8.2mmで、重さは約175gとなっている。