MVNOサービスを手がける日本通信は、月上限3GB・月額税別2480円で、音声通話かけ放題の新料金プラン「合理的かけほプラン」を発表。「日本通信SIM」のブランドサイトで、2020年7月15日13時に受け付けを開始する。

 1996年の創業以来、目指していた集大成となる、利用者にとって無駄のない「合理的な携帯料金プラン」の第1弾。データ通信は、1カ月当たり3GBで、上限を超えると1GB当たり250円の安価な価格で、使用した分だけ料金が自動適用で加算される。
 ドコモネットワークを利用しており、LTE(PREMIUM 4G)、LTE、LTE(800MHz)、FOMA(3G)エリアで利用が可能。データ量の上限を1GB単位で設定でき、変更は即時反映される。事務手数料が3000円、最低利用期間はない。対象の国内通話は無料だが、別途ユニバーサルサービス料は加算される。