アーキサイトは、「ARCHISS(アーキス)」ブランドからポインティングスティックを搭載したUSB接続のテンキーレスメカニカルキーボード「Quattro TKL(クワトロ テンキーレス)」を7月16日に発売した。価格はオープン。

 Quattro TKLは、高感度な静電容量式ポインティングスティックを搭載し、操作時の微小な荷重変化を2次元センサーで検出、マウスカーソルの移動方向と移動量へ変換することで、マウスと同等の操作を実現している。
 スティックキャップには、膨潤に強いエラストマー樹脂を採用を採用し、なでるような操作に適した凸型と、指先へのフィット感を重視した凹型が付属しているので、好みに合わせて使い分けられる。また、予備のスティックキャップも付属する。
 左右のマウスボタンがスペースキー両側のキー、センターマウスボタン機能が「Fn」キー+左「Shift」キーに割り当てられており、Fnキーを押しながらポインティングスティックを操作すれば、垂直スクロールもできる。
 キートップの印字には昇華印刷を採用し、インクをキーキャップに浸透させる方式なので他の印刷方式と比較して長時間の使用による文字の薄れがなく、耐摩耗性に優れている。また、キーキャップは1.5mmと厚手で、押し心地がしっかりとしたPBT(ポリブチレンテレフタレート)樹脂を使用する。
 メカニカルスイッチには、独CHERRY製の「CHERRY MX」スイッチを採用しており、茶軸・青軸・赤軸・静音赤軸の4種類から選べる。
 そのほか、取り回しやすい3方向のケーブルガイド、耐久性の高いFR-4(ガラスエポキシ)素材の2層基板、剛性の高い鉄板シャーシと筐体設計、ラバーストッパー付きのチルトスタンドといった、従来の「ARCHISS」キーボードの仕様も踏襲している。
 対応OSはWindows 10。サイズが幅360×高さ26〜36×奥行き140mmで、重さが975g。
 ラインアップは、日本語JIS配列(91キー、かな印字あり)の茶軸・青軸・赤軸・静音赤軸と、英語US配列(89キー)の茶軸・青軸・赤軸・静音赤軸の、計8モデルを用意する。