総務省が2020年9月1日から21年3月31日まで実施するマイナンバーカード普及策に合わせ、一部のスマートフォン(スマホ)決済サービスは、「マイナポイント」に選択した場合に付与するポイントを独自に上乗せする。7月20日時点で分かっているキャンペーン情報をもとに、本来の5000円相当よりもらえるポイント・チャージ残高が増えるスマホ決済・電子マネーをピックアップした。

●おすすめ1. d払い


 NTTドコモは7月17日に、マイナポイントに「d払い」選ぶと上乗せするポイント数を当初の発表より増やすと発表した。マイナポイント5000ポイントに加え、2万円のチャージまたは利用で、dポイント(期間・用途限定)で1500ポイントを付与する。さらに、2021年3月31日までにポイント充当以外の支払方法でd払いを利用すると、5%還元する「d払い特典」を用意し、合計最大7500ポイント付与する。
 別途、初回登録者向けに、最大2000ポイント付与する「はじめてボーナス!街・ネットのd払いでdポイント最大2,000円分還元キャンペーン」を実施しており、新規にdアカウントを作成するなら「ゆうちょPay」「WAON」以上にお得だ。

●おすすめ2. WAON


 電子マネーWAON(WAONカード・モバイルWAON)をマイナポイントに選ぶとWAON特典としてチャージ額の10%が上乗せで付与される。自宅や職場・学校の近くに、イオンなどWAONが利用可能な店舗があるなら、誰でもおすすめだ。端末・カードと1対1で紐づく電子マネーなので、マイナポイント専用としてチャージ分・上乗せ分を使い切ったら退会しやすいというメリットもある。

●おすすめ3. ゆうちょPay


 8月31日までにゆうちょPayアプリに新規に口座を登録し、マイナポイントにゆうちょPayを選ぶと、1ポイント1円相当としてゆうちょPayの支払いに使える、ゆうちょポイント2000ポイントがもらえる。ゆうちょPayの利用には、ゆうちょ銀行の総合口座・キャッシュカードが必要なので、まずは口座開設・利用再開から始めよう。

●おすすめ4. J-Coin Pay


 みずほ銀行をはじめ、対象銀行の口座を保有しているなら、上乗せ額は500円相当と少ないが、銀行系スマホ決済では最も利用可能な店舗が多いと思われる「J-Coin Pay」がおすすめになる。理由は、口座直結の事前チャージ型なので、7月〜8月の時点ではマイナポイントの申し込みだけ済ませ、9月になってから2万円チャージすればいいからだ。チャージして余った分を手数料なしで口座に戻せるので、その点でも安心だ。
 これらマイナポイントの選択を条件とした独自のポイント上乗せキャンペーンの期間はマチマチで、各社一律ではない。とはいえ、ゆうちょPayやPayPayのように早い場合でも期限は8月末なので、焦らずじっくり決めよう。(BCN・嵯峨野 芙美)