マイナポイント事業の申し込みが開始され、再びキャンペーンの応酬になっているスマートフォン決済サービス。マイナポイント事業にかかわるものについては9月からが本番だが、それ以外のキャンペーンについても多数展開されている。7月末をもって終了するものも多いので、今のうちに確認しておきたい。

●PayPay×セブン-イレブンで得するのは7月31日まで


 PayPayが実施しているセブン-イレブン限定の「セブン-イレブンで当たる!ペイペイジャンボ」は7月31日まで。同店舗でPayPayを利用すると決済金額の最大10倍(1000%)のPayPayボーナスが抽選で当たるというものだ。抽選ではあるが還元金額が魅力で、1等当選者には1000%還元(決済金額の10倍)、2等当選者には100%還元(決済金額の全額)、3等当選者には5%を還元している。

●d払いはマツモトキヨシでお得!


 d払いは7月15日から「マツモトキヨシd払い+20%還元キャンペーン」を実施中。キャンペーンサイトでエントリーの上、dポイントカードを提示して、d払いで支払うと、通常付与するポイントに加え、購入金額の20%相当のボーナスポイントを付与する。上限は500ポイント/回、1000ポイント/期間。
 対象店舗はマツモトキヨシグループのマツモトキヨシ、くすりのラブ、シメノドラッグ、ダルマ薬局、どらっぐぱぱす、ミドリ薬品。ただし、オンラインストアとルミネ立川店、ドラッグストア福岡空港国際線ターミナル店など一部店舗は対象外。酒・たばこは有効だが、POSAカード・調剤などは一部無効。

●メルカリは出品すると売上金が倍増するチャンス


 スマホ決済サービス「メルペイ」と連携するメルカリは「売上金が倍になる!? 2倍3倍出品祭」を7月31日まで開催している。抽選で当たると、キャンペーン期間内に新規出品し、売れた商品の売上金が2倍(売上金+メルカリポイント)になる。
 さらに、当選者がメルカリアカウントと「dアカウント」の連携が完了していると、対象商品の「売上金」総額分のメルカリポイントの代わりに、対象商品の「売上金」総額の2倍分のdポイント(期間・用途限定)を付与し、売上金は実質3倍になる。付与するポイントの上限は1人10万円相当で、当選人数は3000人。
 各社からは8月のキャンペーンもすでに発表されている。PayPayは「まちのお店でペイペイジャンボ」と「3,000万ユーザー突破記念!大感謝ジャンボ」を展開予定。マイナポイント事業に絡めたキャンペーンはダメ押しの追加施策が発表される可能性もあるので、まだ登録していないなら最新情報をチェックしてギリギリまで見極めるのも手だ。(BCN・大蔵大輔)