ソニーとソニーピーシーエル(ソニーPCL)は、グループ会社のHawk-Eye Innovations(ホークアイ)の画像解析技術とトラッキングシステムを使って投球の速度や回転数などをミリ単位の正確さで分析する実証実験を、東京ヤクルトスワローズの協力を得て6月19日に開幕した2020年シーズンから実施している。

 ホークアイのプレー分析サービスで解析できるデータは、投手の各投球のリリースポイント、投球のリリース時の水平・垂直角度、投球のスピード・回転数・回転の方向・軌跡・中心軌道、投球のホームプレート通過時の水平・垂直角度、投手の投球時の手首・前腕・肩の位置など。
 投球だけでなく打球の解析も、バットと投球のコンタクトポイント、ヒット直後の打球の速度・角度・軌跡、バットのスイングスピード、バットのスイング開始時から打球のインパクトまでの時間、バットのスイングの平均加速度、投手・打者・野手を含めた全選手の骨格情報と動作などができる。
 基本的には、ヤクルトのホームグランドの明治神宮球場に設置した4台のハイフレームレートカメラを使うが、打者のバットの軌道や投手・打者・野手の動作、骨格情報など一部の機能で今後、カメラを8台に増やす予定。ヤクルト主催の試合で、ピッチャープレートからホームベース間の投球・打球をリアルタイムで解析してデータ化する。
 ヤクルトでは、すでに試合直後や翌日に行う投球内容に対するアドバイスなどで活用。実証実験によって、主力選手のパフォーマンス向上やコンディションの把握、次世代選手の育成、コーチングなどを目的に使うことが期待される。
 ホークアイの審判判定補助システムやトラッキングシステムは、世界90カ国以上、25種類以上の競技で年間3万回以上の試合で使われており、データをコーチングの目的に使っている実績はテニスやクリケットなどであるという。
 ヤクルト球団の衣笠剛社長は、「データを通じて実際の試合で起きている事象への理解を深め、技術向上や理論検証を推進し、データ分析の分野からも日本球界の発展に寄与したい」とコメントしている。