京セラは、米国で展開中の高耐久スマートフォン(スマホ)「DuraForce PRO 2(デュラフォース プロ ツー)」を、SIMロックフリー端末として国内で9月上旬に販売する。

 DuraForce PRO 2は、米国国防総省が定める耐久試験である「MIL-STD-810G」の16項目、IPX5/8準拠の防水とIP6X準拠の防じん試験をクリアしたAndroidスマホ。本体に、最大106dBのフロントデュアルスピーカーを搭載し、工事現場など、周囲の環境音が大きい場所でもしっかり相手の声が聞こえる。
 ほかにも、屋外や騒音の激しい現場でもハンズフリー通話が可能なノイズ低減機能、グローブ着用時やぬれた手のままでも、ディスプレイのタッチ操作ができる「グローブタッチ」および「ウェットタッチ」、指紋認証機能、水中撮影も可能な4Kワイドアングルカメラなどを備えている。
 想定ユーザーは、業務利用を目的とした法人ユーザーや、アウトドアなどを趣味とする一般ユーザー。法人ユーザーには各種現場に即したソリューションと連携していくことで、通話をするためのデバイスから、現場で活用できるデバイスとして、今後幅広く提案していく。
 「京セラモバイルサポート」では、法人ユーザーが新たにモバイル端末を導入する際の「導入サポート」から「キッティング(端末設定等)」「配送サービス」「運用サポート」「保証」「修理サービス」「リサイクル」までをワンストップで提供しており、DuraForce PRO 2もサポート対象に含まれる。
 CPUにSDM630、5.0インチ液晶ディスプレイ、1300万画素のメインカメラと800万画素のサブカメラなどを搭載する。対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANと、Bluetooth 5.0。OSはAndroid 9。対応SIMはnanoSIMで、NTTドコモの通信網に対応する。