ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は9月17日、次世代ゲーム機「PlayStation 5」(プレイステーション5=PS5)の予約受付を明日(9月18日)10時から順次開始すると発表した。発売は11月12日。希望小売価格はデジタル・エディションが3万9980円、Ultra HD Blu-ray ディスクドライブ搭載モデルが4万9980円としている。

 PS5は、CPUと4Kの高精細グラフィックスを可能にするGPUが統合されたカスタムプロセッサー、ゲームのロード時間を短縮するSSDと統合されたカスタムI/Oなどを搭載する次世代の家庭用ゲーム機。3Dオーディオ技術や現実のような光の表現、リアリティのある操作を実現するDualSense ワイヤレスコントローラーなど、新たな要素が盛り込まれている。
 今回の発表で公開されたPS5向けのソフトウェアタイトルは、『デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション』『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』『Five Nights at Freddy’s Security Breach』『Hogwarts Legacy』『ゴッド・オブ・ウォー 新作』など。
 本体の発売にあわせて、『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』や『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』、『Demon’s Souls』など、すでに発売済みのタイトルをPS5版にアップデートして発売する。
 また、月額制サービス「PlayStation Plus」の加入者特典として、PS4の一部タイトルをPS5でダウンロード、プレーできる「PlayStation Plusコレクション」を用意。『バットマン:アーカム・ナイト』『Bloodborne(ブラッドボーン)』『Fallout 4』『ゴッド・オブ・ウォー』『モンスターハンター:ワールド』『ペルソナ5』など、PS4を象徴するタイトルを楽しむことができる。