タキイ種苗は、外出自粛が続く中、「おうち時間」を活用したイチゴのプランター栽培を提案している。秋からイチゴを栽培し、来春に自宅でイチゴ狩りを楽しむことができるという。

 店頭では、イチゴが果物として扱われているが、園芸学上は野菜に分類。中には例外もあるが、園芸学では実のなる植物で草本類を野菜として、木本類を果物として分類している。そこで、イチゴをはじめ、スイカ、メロンなどは草本で野菜に分類される。
 イチゴはプランターでも育てやすい植物という。タキイ種苗では、プランターで育てる場合、日当たり、風通しの良い場所で、10月に植えつけるといいと提案。そうすれば、春に甘くておいしいイチゴが収穫できるとのことだ。