タケシタは、自分好みの炭酸飲料がつくれる新アイテム「e-soda(イーソーダ)drink」を多くの人に知ってもらうために、9月28日からクラウドファンディングを実施し、特別にショートボトル(350ml)付のe-soda drinkを支援者に提供する。Makuakeで11月29日まで募集を行う。

 e-soda drinkは、冷たい水を入れて約2秒間ボタンを押すだけでシュワッシュワッの炭酸水が出来上がる炭酸ドリンクメーカー。気の抜けたコーラやビールの炭酸を復活できるほか、100%ジュースも炭酸飲料にすることができる。
 現状のボトルサイズは800mlで、注ぎ口の口径が大きくドリンクを入れやすく洗いやすいのが特徴だが、「もう少し小さくできないか。冷蔵庫に立てて入れたい」といった声に応え、今回350mlのショートボトルを開発した。
 Makuakeでの価格は、ホワイトカラーのe-soda drink(サーバー/800mlボトル)+ショートボトル(350ml)セット+炭酸ガスシリンダー1本が1万8865円。先着300人限定で、早割10%OFFの1万6978円で提供する。シルバー/ブラウンカラーは2万1065円。先着300人限定で、早割10%OFFの1万8958円で提供する。