国土交通省の「Go To トラベル事業(Go To トラベルキャンペーン)」の公式サイトで、9月29日から「地域共通クーポン(GOTO トラベルクーポン)」の利用できる店舗の検索が可能になった。取り扱い店舗マップのほか、全国・地方ごとの地域共通クーポン取扱店舗一覧も公開している。

 Go To トラベルキャンペーンは、国内旅行に限り、旅行代金の割引(支援額の70%)と、旅行先の土産物店、飲食店、観光施設、交通機関などで利用可能な地域共通クーポンの配布(同30%)との2本立てで、1人1泊2万円を上限に、宿泊・日帰り旅行費用の2分の1相当を支援する制度。10月1日から居住地や出発地の制限なく誰でも利用でき、旅行代金に応じた地域共通クーポンの提供も始まる。
 地域共通クーポンは、紙クーポン(商品券)、QRコードを利用した電子クーポンの二種類。例えば、本来、1人1泊2万円の宿をオンラインで宿泊予約する場合、支払額1万3000円、電子クーポン3000円分の付与となり、電子クーポンはチェックイン当日15時から、旅行会社事業者ID・受付番号・初泊の宿泊施設または目的地の都道府県を電子クーポン受取サイト(https://goto-travel-ecoupon.jp)で入力すると受け取ることができる。地域共通クーポンの有効期間は、宿泊旅行の場合は宿泊日(15時以降)とその翌日、日帰り旅行の場合は当日12時〜23時59分。
 主要旅行会社・旅行ポータルサイトでは、Go To トラベルキャンペーン対象旅行商品の割引販売を7月27日以降、順次開始。現在は、全て決済時点で割引適用済みとなり、還付申告は要らない。
 Go To トラベル事業の狙いは、業界団体が定めた「新しい旅のエチケット」に基づく「安心・安全な旅行」の普及・定着と「観光復興」にある。Go To トラベルキャンペーンは普段はなかなか手が届かないおもてなし、アクティビティを体験するチャンスだ。(BCN・嵯峨野 芙美)