帝国データバンクは、業績予想の修正に関する適時開示情報を発表した上場企業のうち、新型コロナウイルス感染症の影響が含まれ、業績を下方修正した企業の集計を10月6日に発表した。

 同集計によれば、新型コロナウイルス感染症の影響を受けたとして、業績予想の下方修正(連結、非連結)を発表した上場企業が、9月30日までに前回調査から33社増の累計1099社に達している。
 1099社の下方修正によって減少した売上高の合計は約10兆979億6100万円(前回調査から約4714億7700万円増)で、10兆円を超えた。
 全国の新型コロナウイルス感染症に関連した倒産は600件に迫っており、休廃業の選択を迫られるケースの増加も予想される。