10月6日に交通系電子マネーのPASMOがApple Payに対応し、キャッシュレス決済がさらに身近なものになった。その他の決済サービス各社も対応店舗を拡大したり、お得なキャンペーンを展開したりと、10月はユーザーにとってうれしい要素が盛りだくさんの月になっている。

●ファミマ以外でも使えるようになった「FamiPay」


 ファミリーマートのスマートフォン(スマホ)決済サービス「FamiPay」は2019年7月に提供開始したが、利用できるのはファミリーマートに限定されていた。それが今年9月5日に他の加盟店でも使えるようにリニューアルされ、現在は支払金額の20%をFamiPayボーナスで還元するキャンペーンの最中だ。
 対象店舗は、トイザらス・ベビーザらス、オートバックス、イエローハット、島忠ホームズ、ヤマダ電機、紀伊國屋書店、日高屋、天丼てんや、ロイヤルホストなど。還元上限はFamiPayボーナス2000円相当。キャンペーン終了時点で、銀行口座またはファミマTカード登録を完了していることが条件となる。

●超PayPay祭は10月17日から! 計画を立ててお得に買い物


 10月17日にスタートする「超PayPay祭」は、さまざまな有名飲食チェーンや商業施設と個別にコラボレーションしているのが特徴。お得に利用するならパートナーとなる企業を事前にチェックしておきたい。現時点の発表では、マクドナルド、松屋、Coke ON、サーティワンアイスクリーム、築地銀だこ、日高屋などが名を連ねている。還元率や条件が個別に異なる点にも注意しよう。
 また、初日には1日限定の決済金額の全額(100%)が抽選で戻ってくる「超PayPay祭!オープニングジャンボ」も開催される。当選確率は「3回に1回」。還元率は、1等が100%還元、2等が10%還元、3等が2%還元となる。通常のペイペイジャンボよりも当選確率が断然高いので、高還元を狙ってみるのもいいだろう。

●au PAYは吉野家でお得! 20%還元のチャンス


 au PAYは、吉野家での導入を記念して10月8日に200円以上の支払いをすれば支払い金額20%のPonta ポイントをプレゼントするキャンペーンを開始した。還元上限は、1au IDで1500ポイント/期間。また、au スマートパスプレミアム(有料)に新規登録すれば、牛丼並盛1杯分相当(価格352円)のクーポンをプレゼントする。期間は10月25日まで。
 この他、「はじめよう au PAY!1,000円(相当)分の残高プレゼント」「ローソンのお気に入り店舗で3回以上お買い物したら500Pontaポイントもらえる!」「au PAY生活応援企画」も合わせて開催中。月3回の三太郎の日も継続しているので、機会があればぜひ利用したいところだ。

●10月のd払いは最大50%還元のお買い物ラリー


 d払いは、「d払い お買物ラリー 10月はdポイントカード提示+d払いでdポイント最大+50%還元!」を実施中。対象店舗でdポイントカードまたはdポイントカードアプリを提示の上、d払いで支払うとdポイントカード・d払いの通常ポイントに加え、キャンペーン分として支払い総額に対し、1店舗で+10%、2店舗利用で+30%、3店舗利用で+50%のdポイント(用途・期間限定)で付与する。

●QUOカードPayはユニクロ・GUとコラボ


 デジタルギフトの「QUOカードPay」は、ユニクロ・GUとコラボキャンペーンを開催中。ユニクロオンラインストアで税別1万円以上の買い物をすると、もれなくユニクロ店舗のみで使えるQUOカードPay1000円分がもらえる。購入完了後5日以内に送られてくるメールに、ユニクロ店舗のみで使えるQUOカードPay専用のURLを送付。URL先のQUOカードPayのコードをユニクロの店舗で提示することで利用が可能になる。
 10月は、Go To トラベルやGo To EATの影響で消費活動も活発になってきている。出費を抑えるためにも、スマホ決済などのお得なキャンペーンを駆使することは非常に有効だ。対象店舗や条件がそれぞれに異なっているので、その点を注意して計画的に利用することをおすすめしたい。(BCN・大蔵大輔)