ビックカメラとQUICPayは、「ビックカメラ × Google Pixel × QUICPayキャンペーン」として、Google Pay対応カードを最新スマートフォン「Google Pixel」のGoogle Payに新規設定してビックカメラグループ店舗で利用すると、QUICPay利用額の20%・最大1万円相当をビックポイントで還元するキャンペーンを実施している。

 条件は、ビックカメラグループの店舗で、ビックカメラのポイントカードまたはアプリの会員証を提示してau/ソフトバンク版のGoogle Pixel 4、Google Pixel 4a、Google Pixel 4a(5G)、Google Pixel 5のいずれかを購入し、その購入したGoogle PixelのGoogle Payに対象カードでQUICPayを設定すること。なお、SIMフリーのGoogle Pixelシリーズは対象外。購入店舗にかかわらず、全国のビックカメラグループ店舗での利用金額が還元対象となる。
 Google Payは、Android端末向けウォレットサービス。対応スマートフォンと対応カードの組み合わせに限り、「iD」または「QUICPay」として設定でき、「iD/QUICPay」で支払うと伝えると、かざすだけで決済できる。Google Pay1回あたりの利用上限金額は3万円。
 今回のキャンペーンはQUICPayのみ対象で、QUICPayを設定できないカード、QUICPay決済を利用できないビックカメラ店舗は対象外。なお、対象カードには、auじぶん銀行のデビットサービス「じぶん銀行スマホデビット」やプリペイドカードの「Kyash」「LINE Pay カード」も含まれている。