MMD研究所は11月9日、大手4キャリアを利用している15〜69歳の男女を対象に実施した、「2020年11月大手4キャリアの満足度調査」の結果を発表した。調査は、同社が過去に行った「2020年11月通信サービスの利用動向調査」で大手4キャリアを利用していると答えた男女1200人に対して、10月16〜18日の期間に行われている。

​​​​​​
 調査対象者に、利用している通信サービスにおいて、最も重視している点を尋ねたところ、「月額料金の安さ」(37.9%)が多く、「データ通信の繋がりやすさ」(14.0%)、「データ通信速度」(9.5%)が続いた。
 サービス別でみると、NTTドコモのユーザーは「データ通信の繋がりやすさ」、au・Softbank・楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)ユーザーは「月額料金の安さ」を最も重視している。
 サービス満足度を、「料金部門」「サービス部門」「通信品質部門」「顧客サポート部門」の4部門について尋ねた質問では、「料金部門」で楽天モバイルが、「サービス部門」でauが、「通信品質部門」「顧客サポート部門」でNTTドコモがそれぞれトップとなった。なお、総合満足度では楽天モバイルがトップとなっている。
 自身が利用しているキャリアを、家族や友人にすすめたいかを10点満点で採点してもらい、NPS(ネット・プロモーター・スコア/顧客推奨度)を算出したところ、9〜10点をつけた推奨者が12.4%、7〜8点をつけた中立者が35.2%、0〜6点をつけた批判者が52.4%となり、推奨者から批判者を引いたNPSがマイナス40.0だった。
 サービス別のNPSは、楽天モバイルがマイナス24.0で最も高い。