セキ薬品が運営する「ドラッグストアセキ」「セキ薬局」は、店頭での支払いに、現金・クレジットカードに加え、主要スマートフォン(スマホ)決済サービス・電子マネーが12月1日から利用可能になった。

 スマホ決済は、先行して導入していた「LINE Pay」のほか、「PayPay」「楽天ペイ(アプリ決済)」「メルペイ」「au PAY」「d払い」「Alipay」「WeChatPay」が使えるようになった。電子マネーは、「nanaco」「WAON」「楽天Edy」「iD」「QUICPay」と「Suica/PASMO/TOICA/ICOCA」に対応する。
 店舗は、埼玉全域のほか、東京、千葉、茨城、栃木の1都4県で展開している。自社のポイントサービスに加え、2020年8月4日から楽天ポイントサービスも導入し、税別200円につき楽天ポイント1ポイント付与される。
 さらに今回、楽天ペイ(アプリ決済)にも対応したため、ココカラファイン、サンドラッグ、ツルハドラッグ、ダイコクドラッグなどと同じく、12月31日まで楽天ペイメントが実施しているキャンペーン「楽天ポイントカード提示&楽天ペイアプリでお支払いするとポイント10倍!」の対象店舗となっている。