ソフトバンクは、「ソフトバンク」の4G/5G共通の新しい料金プラン「メリハリ無制限」の提供を2021年3月に開始する。すでに20年3月から5Gサービスを提供しているが、「5G 1年おトクキャンペーン」終了後は請求されるはずだった5G基本料(1000円)が不要になり、既存の「メリハリプラン」の5G契約者にとって恒久的に値下げとなる。

 メリハリ無制限は、月額980円の基本プラン(音声)とデータプランメリハリ無制限を組み合わせ、ずっと合計月額6580円で、データ通信が使い放題できる大容量・無制限プラン。「メリハリ」の名称の通り、月間データ使用量が3GB以下の場合は自動的に1500円割り引く。さらに、「おうち割 光セット」と、メリハリ無制限の提供開始にあわせて刷新する「新みんな家族割(3人以上)」適用時は、データ無制限で月額4480円となり、月間データ容量3GB以下なら月額2980円に下がる。
 なお、テザリング・データシェア利用の場合、データ容量は無制限ではなく合計30GBに制限する。テザリングオプションは無料。新みんな家族割による割引額は、適用人数2人で600円、3人以上で1100円。
 ワイモバイルは、先行して21年2月に料金プランを改定し、月額料金がずっと変わらない「シンプルS」「シンプルM」「シンプルL」に刷新する。1カ月間に利用可能な高速データ通信容量は、Sが3GB、Mが10GB、Lが20GB。割引適用前の月額料金は、Sが1980円、Mが2980円、Lが3780円となる。
 よって、本人1人の月額料金を比較すると、月によってデータ使用量が変動せず、常に3GB以下の場合は、ソフトバンクのメリハリ無制限よりもワイモバイルのシンプルSの方が安い。
 このほか、「SoftBank on LINE」をコンセプトとした、4G/5G共通のオンライン専用の新ブランドを新設し、21年3月にサービスを開始する。新ブランドは月間データ容量20GB(LINEはノーカウント)、5分以内の国内通話無料、データ容量超過時の通信速度最大1Mbps、eSIM対応(予定)で月額2980円。
 メリハリ無制限の提供にあわせ、ソフトバンクは「メリハリプラン」「5G基本料」「5G 1年おトクキャンペーン」の新規申込受付を終了する。学割キャンペーン「SoftBank学割」による割引額は、決まり次第告知する。