トヨタ自動車は、最高速度60km/h・2人乗りタイプの超小型EV「C+pod(シーポッド)」を12月25日に発売した。まずはEV普及に向けて検討を進めてきた法人・自治体限定で販売し、個人向けを含めた本格販売は、2022年を目途に開始する計画。

 税込価格(リサイクル料金は含まず)は、マニュアルクーラー、快適温熱シートなどのない「X」が165万円、ありの「G」が171万6000円。どちらもオーディオレス(スピーカーなし)。カラーは標準色、オプションのツートーンカラー(全5色)、スリートーンカラー(Gのみ・全3色)を揃える。
 道路運送車両法の車両区分は「超小型モビリティ(型式指定車)」(最高速度時速60km以下、高速道路等は走行不可)となり、全長2490mm×全幅1290mm×全高1550mmのコンパクトボディ、最小回転半径を3.9mで狭い道でも運転しやすくした。軽自動車向けの基準をもとにした超小型モビリティ用の安全基準に準拠し、独自の安全装備として、歩行者などが検知可能なプリクラッシュセーフティ、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を搭載する。
 リチウムイオン電池のみで駆動し、「普通充電」に対応。充電時間は単相200V/16Aで約5時間、単相100V/6Aで約16時間。アクセサリーコンセント、オプションのヴィークルパワーコネクターを併用すれば、停電・災害時などの緊急時に、C+podを外部給電用コンセントとして約10時間程度給電できる。航続距離は150km(WLTCモード値 クラス1・充電電力使用時走行距離。国土交通省審査値)。
 C+pod発売を機に、EVならではの新たなサービスを提供していく。法人向けに、EV向け電力プランをワンストップで提供する新サービス「TOYOTA GREEN CHARGE」のほか、観光情報とのセットでトヨタのカーシェアサービス「TOYOTA SHARE」を活用し、利用者の観光・周遊促進を図る「EVカーシェア」など、順次進めていく予定。