ヤフーが運営するフリマアプリ「PayPayフリマ」は1月20日から、商品が購入されたときに出品者にかかる販売手数料を10%から、業界最安値の5%に値下げする。

 適用されるのは、出品のタイミングにかかわらず1月20日0時以降に購入された全商品。同時に、購入時に使える10%OFFクーポンも提供する予定だ。クーポンは1人一回利用可能で割引上限は1000円としている。
 PayPayフリマは、サービス開始から1年足らずで500万ダウンロードを突破するなど、急速に成長しているフリマアプリ。CtoC(個人間取引)市場のさらなる拡大を見込んで、これまで以上に幅広いユーザーが多彩なアイテムを手軽に出品できるようにするため、販売手数料の値下げを決定した。商品を探すユーザーにとってもより魅力的な場を目指すという。