カプコンは、PlayStation 5/PlayStation 4/Xbox Series X/Xbox One/PC(Steam)用ゲームソフト「バイオハザード ヴィレッジ」を5月8日に発売する。1月22日に予約受付を開始するとともに、PlayStation 5向けに、いち早く同作のビジュアルを味わえる体験版「MAIDEN(メイデン)」を無料配信している。

 PlayStation 5/PlayStation 4向けのパッケージ版として、17歳以上推奨の「バイオハザード ヴィレッジ」と、18歳以上のみを対象とした「バイオハザード ヴィレッジ Zバージョン」の2種類を発売する。
 パッケージ版はどちらも、通常版に加えてクリス・レッドフィールドのフィギュアなど豪華アイテムが付属する「コレクターズエディション」を用意している。
 税別価格は、通常版が7990円、「コレクターズエディション」が2万8790円。
 ダウンロード版は、PlayStation 5/PlayStation 4/Xbox Series X/Xbox One/PC(Steam)版を発売し、通常版に加えて、別売のダウンロードコンテンツ「トラウマパック」をセットにした「バイオハザード ヴィレッジ デラックス エディション」、前日譚「バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション」を加えた「バイオハザード ヴィレッジ&バイオハザード7 コンプリートバンドル」を用意する。また、いずれのエディションも、18歳以上のみを対象にした「Zバージョン」を選べる。
 その他、パッケージ版の限定特典として、武器パーツ「ラクーン君」と「サバイバルリソースパック」のダウンロードコードがもらえる。「ラクーン君」は、特定のショットガンにチャームとして装着可能で、「サバイバルリソースパック」は回復薬や弾薬、キーピックをセットにしており、序盤攻略の強い味方となる。なお、「ラクーン君」と「サバイバルリソースパック」は、ダウンロード版を予約購入した人にも、もれなくプレゼントする。
 税別価格は、通常版が7264円、「デラックス エディション」が8173円、「バイオハザード ヴィレッジ&バイオハザード7 コンプリートバンドル」が9082円、「トラウマパック」が1182円。
 さらに、PlayStation 5/PlayStation 4のダウンロード版を予約購入した人には、「BIOHAZARD VILLAGE ミニサウンドトラック」も無償で提供される。
 PlayStation 5への無料配信が開始されたビジュアルデモ「MAIDEN」では、次世代機ならではのグラフィックスと3Dオーディオの臨場感を存分に味わえる。本編と異なり、戦闘はおろか防御すらできない少女を主人公に、閉鎖空間からの脱出を目指す。
 なお、春には「MAIDEN」とは異なる体験版を各機種向けに配信する。