サムライワークスは、一般的な不織布マスクよりも高いウイルス捕集力をもち、医療用レベルで飛沫防止ができる「ナノW抗菌マスク」をさらに進化させた「ナノW抗菌マスク+PLUS」を2月11日に発売した。税別価格は2280円で、初回限定価格として1680円で販売。カラーは、ホワイト、ライトグレー、ネイビーの3色を用意している。サイズは、大人用と子ども用の2種類となる。

 ナノW抗菌マスク+PLUSは、ナノW抗菌マスクをグレードアップ。世界トップレベルのフィルターとなる「YAMASHIN NANO FILTER」を採用し、安全性と快適性の両立を実現した。YAMASHIN NANO FILTERは、0.1マイクロメートルの微粒子を99%捕集できる医療用レベルの捕集フィルター。超微細なフィルターで捕集が可能なため、捕集性能の低下はほとんどなく、押し洗いを5回行っても捕集効率が97%となる。
 マスクの両面に、持続する抗菌素材を使用し、Wのパワーで菌から守る。特に、手で触ってしまう表生地には抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術「CLEANSE/クレンゼ」を施した生地を採用。クラボウ独自の加工技術で、繊維上の特定のウイルスの数を99%減少させ、特定の細菌の増殖を抑制する。
 裏面に、高い通気性・吸水速乾性・持続する抗菌性・防臭性をもった高機能メッシュ素材「リブフレッシュPスーパー」を採用。抗菌効果によって、付着した菌の活動を低下し、菌を減少させる。なお、この素材は生地への表面的な抗菌加工ではなく、糸自体に抗菌剤が練り込まれた特殊な素材で、洗濯後の抗菌効果の持続性が大きく違い、半永久的に効果が得られるという。
 また、吸水速乾糸「ソアリオンYC」による、汗を吸収し、素早く乾く性能によって、息苦しさやマスク内の熱や蒸れを防ぎ、寒暖差の激しい冬の時期にも快適に使用できる。
 着脱時や位置調整時などに触りがちな耳ひもにも、抗菌加工を施した生地を採用。さまざまなサイズに適応できるよう、一般的な不織布マスクの耳ひもと変わらないほどによく伸び、柔らかい耳ひもを使用しているため、耳への負担も軽減する。
 さらに、一般的な布マスクよりも顔にフィットしやすくするため、3D立体形状仕様に加えてノーズフィッターも内蔵。立体的に縫製されているため、隙間をなくしながら口元の空間を作り、息がしやすく、美しいフェイスラインを保つことができる。
 持続抗菌と消臭効果によって、室内干しも可能。気になる嫌な臭いも防ぎ、簡単に洗濯して清潔に使うことができる。また、洗濯を100回行っても抗菌と消臭の効果はほとんど変わらず持続する。