ソフトバンクは2月18日、ソフトバンク回線(4G/5G)を利用したオンライン専用ブランドの名称を「LINEMO(ラインモ)」に決定し、2021年3月17日にサービスを開始する。

 「SoftBank on LINE」として発表した時点では4G/5G共通で税別2980円だった月額料金を2480円に値下げし、通話料金別のKDDIのオンライン専用プラン「povo」に対抗する。一連のオンライン特化プランの先駆けとなったNTTドコモの「ahamo」に比べると500円安い上、サービス開始時期も9日早い。対象期間にエントリーのうえLINEMOを契約すると、先行エントリー特典として、スマートフォン決済サービス「PayPay」で使える「PayPayボーナス」3000円相当をプレゼントする。
 LINEから申し込むLINEMOの料金サービスは「スマホプラン」のみ。月額2480円で毎月20GBのデータ容量と、5分以内の国内通話が追加料金なしで利用でき、コミュニケーションアプリ「LINE」については、データ容量を消費しない「LINEギガフリー」となる。20GB超過時の通信速度は最大1Mbps。そのほか、有料の通話オプションを用意する。
 キャリアメール(MMS)には対応しない。留守番電話サービスは当初は対応しないが今後検討していく。契約事務手数料、SIM交換/再発行、MNP転出手数料、契約解除料は全て無料。
 オンライン上で契約手続きが完了し、eSIMでの契約を希望する場合、eKYC(electronic Know Your Customer、オンライン本人確認システム)を導入していることから自身の顔写真と本人確認書類の写真をアップロードするだけで本人確認が完了する。さらにeSIMの場合、オンライン上で申し込み手続きが完了すれば開通するため、開通手続き用のQRコードを利用した端末のカメラで読み込めば、その場ですぐにサービスを利用できる。なお、SIMカードの契約を希望する場合、eKYCは利用しない。
 支払状況の確認やデータの追加、通話オプションの追加などの手続きは全てオンライン。契約後のサポートはLINEで受けられる。オンラインショップなどで利用できるキャリア決済「ソフトバンクまとめて支払い」は21年4月中旬以降に対応予定。
 LINEMO独自の特徴として、LINEトークで使用できる700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプが使い放題になる「LINEスタンププレミアム(ベーシックコース)」(通常月額240円)を、今夏に追加料金なしで利用できるようにする予定。なお、スタンプショップの利用は、LINEギガフリーの対象外。
 最新のiPhone 12シリーズやiPad Wi-Fi + CellularモデルはeSIMに対応しており、SIMフリーのiPhoneとLINEMOの組み合わせが注目を集めそうだ。eKYCに必要な本人確認書類は、一般的に運転免許証、マイナンバーカードなど。
 同じく3月17日から、使い放題の大容量ブランドに位置づける「ソフトバンク」の4G/5G共通の新たな料金サービス「メリハリ無制限」の提供を開始する。同時に学割キャンペーン「SoftBank学割」の対象にメリハリ無制限を追加する。