ソフトバンクは、4G/5G共通料金プランのオンライン専用ブランド「LINEMO(ラインモ)」のサービス開始日と同じ3月17日に、ソフトバンクの4G/5G共通の新料金プランとして「メリハリ無制限」と「ミニフィットプラン+」の提供を開始する。

 ミニフィットプラン+は、データ使用量に応じて3段階の基本使用料(1GBまで、2GBまで、3GBまで)が自動的に適用され、最安の1GB未満の場合、通常2980円、「おうち割 光セット」適用時は月額1980円で利用できる。
 メリハリ無制限は、基本プラン(音声)、データプランメリハリ無制限の合計月額6580円で、通常なら無制限、テザリング・データシェア利用時(テザリングオプションは無料)は月間30GBまで使い放題となる。
 5月31日まで、5歳〜22歳を対象に提供する学割キャンペーン「SoftBank学割」に追加。「学割2021 特典」としてデータ定額料が半年間、毎月3580円(月間データ使用量が3GB以下の請求月は2080円)引きとなり、「おうち割 光セット」「新みんな家族割(3人以上)」適用時、最安の月額900円となる。割引終了後は月額4480円で、月間データ容量が3GB以下の場合は月額2980円。
 新料金プランの提供にあわせ、「メリハリプラン」「5G基本料」「5G 1年おトクキャンペーン」の新規申込を受け付け、「ミニフィットプラン」の4G/5G対応機種での新規申込は3月16日に終了する。
 なお、二つの新料金プランについては、毎年1000円相当のPayPayボーナスをプレゼントする「長期継続特典(誕生月特典)」を新たに提供する。条件は、ソフトバンクを契約または譲渡・承継してから13カ月以上経過していて、契約者の誕生月の1日時点また翌月の1日時点で「メリハリ無制限」もしくは「ミニフィットプラン+」に加入している個人。従来プラン加入者の長期継続特典の変更はない。