ヤフー(Yahoo!JAPAN)は、ネットオークションサービス「ヤフオク!」、フリマアプリ「PayPayフリマ」で、ヤマト運輸が提供するEC向け配送商品「EAZY」を導入し、購入者が商品の受取場所が指定できる「置き配」サービスを2月24日から順次提供する。

 置き配サービスは、在宅・不在にかかわらず、玄関ドア前やガスメーターBOXなど、購入者の指定の受取場所に荷物を届けるサービス。ヤフーでは、「新しい生活様式」の普及でオンラインで個人間取引の利用が拡大する中、配達員と対面せずに荷物を受け取れる「置き配」など多くの配送ニーズに対応し、ユーザーによる商品受取の利便性向上と不在配達の削減を目指す。
 今回、EAZYを導入することで、購入者は通常の対面受け取りに加え、玄関ドア前、自宅宅配BOX、ガスメーターBOX、物置、車庫、自転車のかご、建物内受付/管理人預けなど、希望の場所や日時に合わせた非対面での商品受取が可能となる。
 急な用事や天候状況など購入者の都合に合わせ、配達員が配達する直前までヤマト運輸の専用サイトで受け取り場所の変更が何度でも可能。また、宅急便同様、配達時間を指定できるため、いつ指定の場所に荷物が配達されるか分からないといった不安を解消する。
 配達完了後、リアルタイムに配達完了メールが購入者に通知される。また、非対面での配達を指定した場合は、メールに記載されたURLから配達員が荷物を置いた場所を撮影した写真を確認できるため、安心して受け取ることができる。
 置き配サービスの提供スケジュールは、ヤフオク!(PC、スマートフォンブラウザ、アプリ)が2月24日に開始、PayPayフリマ(アプリ)が3月1日の開始予定となっている。