コミュニケーションアプリを展開するLINEの商号が2月28日、「Aホールディングス株式会社」(AHD)に変わる。ソフトバンクとNAVERが進める、Zホールディングス(ZHD)とLINEの経営統合に伴う施策の一環としている。

 AHDは戦略的持株会社として、経営統合後のZHDの株式を65.3%保有する予定。なお、ZHDとLINEは対等に経営統合するため、親会社のソフトバンクとNAVERがAHDの株式を50%ずつ保有し、AHDはソフトバンクの関連子会社になる。代表取締役会長にはNAVERの経営陣から李海珍氏が、代表取締役社長(取締役会議長)にはソフトバンクの経営陣から宮内謙氏が就く。
 AHDの役割としては、ソフトバンクとNAVER両社グループの協業を推進するための戦略立案と、それに基づく各種施策の意思決定を担う。また、両社グループの広い事業戦略の見地から、ZHDグループ全ての株主の価値最大化に向けたアドバイスを行い支援する。さらに、迅速な連携と相乗効果を高めるため、取締役会だけでなく、事業戦略検討委員会も設置する。
 「AHD」の名称には、「『A-to-Z』の英語表現の意味の通り、グループ全体でシナジーを創出すること」「今後、グループ全体でAIを活用した事業領域に注力していくこと」「まずはアジア(Asia)へ向けた事業展開を志向し、将来はグローバルへ事業を展開していくこと」といった、三つの両社経営陣の想いが込められている。
 今後は、AHDを通じて、両社グループそれぞれの事業領域における強みを生かした相乗効果を追求。事業基盤と競争力を高め、グローバルで勝ち抜ける体制の構築を目指す。