ソフトバンクは3月17日、オンライン専用ブランド「LINEMO(ラインモ)」、大容量〜小容量のプレミアムブランド「SoftBank」の新料金プラン「メリハリ無制限」と「ミニフィットプラン+」の提供を開始した。

 第3のブランドとなるLINEMOは、eSIM対応・4G/5G共通の料金サービス「スマホプラン」のみ。月額2480円(税別)で、月間20GBのデータ容量とLINEの対象サービスが使い放題でき、通話オプションを500円割り引く「通話オプション割引キャンペーン」適用で、加入から1年間、1回5分以内の国内通話が無料、プラス1000円の月額3480円(税別)で通話回数・時間の制限なく1年間、国内通話がかけ放題になる。スマートフォン(スマホ)でLINEも通話も頻繁に利用する大学生や新社会人、通信費自己負担のリモートワークの会社員などに最適なプランだろう。
 対して、ソフトバンクのメリハリ無制限は、月額980円の基本プラン(音声)と、月額5600円のデータプランメリハリ無制限を組み合わせ、ずっと合計月額6580円で、データ通信が使い放題できる大容量・無制限プラン。ただし、テザリングの利用は月30GBの上限がある。各種割引サービスを全て適用すると、月額料金は4480円まで下がり、月間3GB以下の場合、自動で1500円引きの2980円となる。月間2GB〜3GBなら、実は上限3GBのミニフィットプラン+よりもメリハリ無制限の方が安い。
 ソフトバンク・ワイモバイルとも、スマホ向けの新料金プランはいずれも4G/5G共通となり、ワイモバイルは、21年2月18日に先行して提供を開始した。3月17日からは、新規のSIM単体契約、既存のワイモバイル契約者向けに、契約/プラン変更申込直後から即座に通信サービスを利用できるeSIMの提供も開始する。
 今春は、ahamo・povo・LINEOと出そろった、従来プランよりも安価な大手キャリアのオンライン専用ブランドが話題だが、学生とその家族は、ソフトバンクの「SoftBank学割」やワイモバイルの「ワイモバ学割」、「auワイド学割」「UQ学割」「ドコモのロング学割」などの学割キャンペーンを利用した方が安く済む場合があるので、家族内で意見をすり合わせ、じっくり検討しよう。(BCN・嵯峨野 芙美)