RECOLTZは、マスクに直接装着することでマスクの貼り付きや息苦しさ、メイク汚れなどを軽減するとともに、豊富なデザインの着せ替えボタンによるマスクデコレーションが楽しめるマスク用インナーフレーム「マスクぴたのんBIB-IT.+」を改良し、3月29日から販売を開始した。税別価格は500円。

 マスクぴたのんBIB-IT.+は、マスクにバー状のフレームをボタンで直接装着することにより、マスクの生地や製品が肌に触れる部分を大幅にカット。わずか2.3gという軽量化によって、着けていることを忘れるほどの軽い着け心地となっている。
 また、左右の着せ替え可能なボタンには、ランナーを中心に高い支持を得ている、同社のBIB-IT.(ビブイット)というゼッケン留め用ボタンを使用することで、様々なマスクにしっかりと取り付けられるだけでなく、ボタンのデザインを着せ替えることでファッションに合わせたコーディネートが可能となっている。現在、24種類の着せ替えボタンを販売しているほか、オリジナルデザインのプリントサービスも行っている。
 今回のリニューアルでは、形状変更によって中心位置を合わせやすくし、より簡単に装着ができるようになった。また、布マスク専用品から、不織布やウレタンマスクへの装着も可能となった。さらに、価格はそのままに、交換用フレーム(ぴたのん)が1本付いて、お買い得の2本入りとなった。パッケージデザインも一新し、モデルには六串しずかさんを起用している。