コールマンジャパンは、キャンプだけでなく災害時でも活用できる、充電式小型ライト「ラギットパッカウェイランタン」と「ハンギングE‐ライト」の2種を発売した。

 ラギットパッカウェイランタンは、アルカリ単3形乾電池、リチウムイオン電池の両方が使用可能で携帯充電もできる小型ランタン。最大約30時間使用できるため、1泊2日のキャンプで電池切れを心配する必要はない。包まれるようなやさしいウォームライトと、しっかりと照らせるホワイトライトの切り替え、さらにそれぞれ2段階の明るさ調節が可能で、非常時の備えとしても活躍する。
 ハンギングE-ライトは、リチウムイオン電池内蔵で繰り返し充電可能な、吊り下げ式ライト。3段階の明るさ調節と点滅機能付き。Highモードでは、2ルームテントの前室全体を十分に照らせる明るさがある。カラビナで吊り下げるほか、マグネットでスチールポールなどに取り付けることも可能。温かみのあるやさしい光を放ち、小ぶりで丸みのあるフォルムがかわいらしいデザインとなっている。
 価格は、ラギットパッカウェイランタンが4980円、ハンギングE-ライトが2480円。