【話題のニュースダイジェスト】 2021年3月26日から4月1日までの期間、「BCN+R」で話題だったのは、ソニーの電気自動車に関する記事だった。国内で初披露だったことからも、関心を高めたようだ。また、焼肉きんぐのクーポン提示による割引、スマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」のキャンペーンも注目が集まった。さらに、マイナポイントに関連した記事も多く読まれた。ニュースを振り返る。

●ついに国内で初披露


 ソニーは3月28日、東京・世田谷区のFUTAKO TAMAGAWA rise(二子玉川ライズ)のイベントスペース「EV:LIFE 2021 FUTAKO TAMAGAWA」で独自開発の電気自動車(EV)「VISION-S」の試作車両を国内で初めて一般公開した。
 VISION-Sは、2020年1月に米国ラスベガスで開催された「CES 2020」で初めてコンセプトカーとして出展。ソニーのイメージング・センシング技術や各シートに内蔵したオーディオ技術、エンターテインメントのノウハウなどを注入し、「ソニーの次世代カー」として世界から注目を集めた。20年12月からオーストラリアで技術検証のための公道走行をテストするなど、「計画から実社会への展開へ」と、実用化に向けて着実にステージを上げている。

●クーポン提示で総額10%割引


 物語コーポレーションが運営する「焼肉きんぐ」は出店を急拡大しており、3月30日、全国260店舗目となる「焼肉きんぐ 平塚見附店」を神奈川県平塚市見附町の新商業施設「アクロスプラザ平塚見附」にオープンする。
 新店舗では、オープン記念として、店舗限定10%割引クーポンを公式ウェブサイトで配信。平塚見附店限定の10%割引クーポンは、2021年5月30日まで利用できる。クーポン画面の提示・印刷どちらでも可能だ。

●セブン‐イレブンで最大1000%還元


 PayPayとセブン‐イレブン・ジャパンは、全国のセブン‐イレブン店舗で、「セブン‐イレブンアプリ」からPayPayで支払うと、抽選で決済金額の最大1000%を還元する「セブン‐イレブンアプリ当たる!ペイペイジャンボ」キャンペーンを開催している。期間は4月27日まで。
 最大1000%還元は、抽選で1等に当選した場合。2等が100%で、3等が1%になる。3回に1回の確率でいずれかが当たるという。抽選結果は、支払い直後の画面でアニメーションと効果音で知らせる。付与予定日は、支払日の翌日から起算して30日後となる。

●4月に使えるのは?


 PayPayの機能に、事前に取得しておけば決済時にお得になる「PayPayクーポン」がある。4月は、飲食店やドラッグストアなど幅広いカテゴリが対象になっている。
 4月のおすすめとして紹介されているのは、Ash、牛角、サーティワンアイスクリーム、ジョーシン、タリーズコーヒー、ドトール、トモズ、古本市場、ミスターマックスなど。それぞれ条件や還元金額、期間は異なるので、よく確認してから使用するようにしたい。

●マイナポイント継続中


 本人確認書類・マイナンバー確認書類を兼ねた「マイナンバーカード」の普及とキャッシュレス決済の普及・利用促進を兼ねて総務省が実施している「マイナポイント事業」のポイント付与の対象となるキャッシュレス決済の利用期間は、当初の2021年3月末から21年9月末へ、半年間延長された。さらに、マイナポイント付与の条件となるマイナンバーカードの交付申請の申込期限も、「21年3月末」までから「21年4月末」までに1カ月延長された。
 複数の交付申請方法のうち、手元に証明写真の基準に沿った顔写真データさえあれば、いつでもどこでも可能なスマホからの申請が便利だ。ただし、アクセス集中によるシステムダウンが発生すると、手続きが完了できないので、地方公共団体情報システム機構が運営するマイナンバーカード総合サイトでは、オンライン申請はできるだけ平日に手続きするよう呼びかけている。