ユニクロは、グラフィックTシャツブランド「UT」の2021年春夏コレクションを発表した。

 今年のUT春夏コレクションは、普遍的なアーティストから幅広い世代に愛されるゲームコンテンツまで世界中のポップカルチャーが集結し、1000柄以上のラインアップが登場する。「WEAR YOUR WORLD」をキーワードに、着る人の個性を表現し、新しいカルチャーに出会うきっかけとなるLifeWearを届ける。
 ポケモンとUTによる今年第1弾は、最新の人気ポケモンと誰もが知る懐かしのポケモンが大集合する「ポケモン オールスターズ」を5月下旬に発売する。ポケモンと一緒に成長した大人たちと、これからポケモンと出会い成長していく子どもたちへ贈るスペシャルコレクションとなっている。また、第2弾では、これからの季節にぴったりなドライ機能つきのベビーパジャマ「ポケモンのゆめのなか」を発売する。さらに、ポケモンUTは、今後もアーティストとのコラボレーション企画など2コレクションが今夏以降に順次登場する予定。
 ポケモン オールスターズの価格は、MEN Tシャツ(6柄)が1500円、WOMEN Tシャツ(5柄)が1500円、KIDS Tシャツ(6柄)が990円、KIDS ステテコ(4柄)が790円。
 「MAGIC FOR ALL」プロジェクトの新作は、世界中で愛されているディズニーキャラクターのミッキーマウスとミニーマウスを、アートディレクターの吉田ユニ氏が独自の感性で表現。キュートで愛らしいディズニーキャラクターと革新的なアイデアの融合を楽しめる特別なコレクションとなっている。発売を記念し、全国のユニクロ店舗で同コレクションを2枚以上購入した人に先着で、オリジナルデザインポストカードをプレゼントする。
 「ディズニー ミッキーマウス&ミニーマウス アート バイ 吉田ユニ」は5月7日に発売。価格は、WOMEN Tシャツ(6柄)が1500円、KIDS Tシャツ(5柄)が990円。
 ポップアート界で伝説となっているアンディ・ウォーホル氏、キース・へリング氏、ジャン=ミシェル・バスキア氏の3人のアーティストとのコラボレーションでは、彼らを象徴するアート作品やフレーズをデザインしたUTが登場する。さらに、UTとして初となるシューズを含むグッズも豊富にラインアップ。同じくポップアート界の先駆者の1人であり、アメリカンコミックをモチーフにしたアートを確立したロイ・リキテンスタイン氏のスタイルを落とし込んだUTも必見とのこと。日本を代表する写真家森山大道氏とのコラボレーションでは、彼の作品がもつ力強さと生々しさをモノクロで表現している。
 音楽のジャンルでは、幅広い年代に支持されるJazzレーベルのBlue Note Recordsとコラボレーションを展開。本国Blue Note Recordsの現社長である音楽プロデューサーのドン・ウォズ氏と、数あるタイトルのなかから“Essential”をテーマに相応しいレコードをセレクトした。世界の名品をフィーチャーしたブランドコラボレーション「The Brands Masterpiece」は、エレキギターの歴史を語るうえでは欠かせない存在であるGibsonをフィーチャー。確かな技術や伝統に裏打ちされた名器の数々をUTで堪能できる。
 さらに、話題のゲームやアニメコンテンツとのコラボレーションが今期も充実。未知の興奮や驚きをもたらすモンスターたちが登場する「モンスターハンターライズ」や、人気のバーチャルミュージックグループK/DAをフィーチャーした「リーグ・オブ・レジェンド」など、ファン必見のコレクションが続々登場する。毎回人気の「ONE PIECE」とのコラボレーションでは、TVアニメで放送中のワノ国編で描かれるシーンを切り取ったUTが楽しめる。