ビザ・ワールドワイド・ジャパン(VISA)は5月11日、VisaがApple Payへの対応を日本で開始し、対象のVisaカードをAppleのウォレットサービス「Apple Pay」に登録すると、5月11日以降順次、「Visaのタッチ決済」が利用可能になると案内している。

 Visaのタッチ決済は、国内外のVisaのタッチ決済加盟店で、カードや設定済のNFC搭載スマートフォン(スマホ)、ウェアラブル端末を読み取り機にかざし、認証するだけで決済できる非接触のキャッシュレス決済サービス。有人レジでは、「Visaをタッチで」「Visaで」などと伝えてかざして決済する。
 これまでApple Payでは、Visaのタッチ決済が利用できなかったため、Visaのタッチ決済限定キャンペーン、Visaのタッチ決済を含むコンタクトレス決済限定キャンペーンに参加したい場合、Visaのタッチ決済対応カードを利用する必要があった。
 今回のApple Pay対応で、iPhoneユーザーは、カード、iPhone/Apple Watchから利用シーンにあわせて選べるようになる。また同時に、SuicaやPASMOなどのApple Payに対応するアプリやオンラインサービスでも利用可能になり、各サービスの決済手段が拡大する。
 Apple Payに対応するカード発行会社は、アプラス、SMBCファイナンスサービス、NTTドコモ、エムアイカード、クレディセゾン、ジャックス、三井住友カード、楽天カード(2021年5月現在)。いずれもVISAのロゴがあるカードのみ。
 Apple Payに対応Visaカードを設定済の場合は自動更新を待つか、手動でいったんカードを削除した後、カード番号を新規で入力すると利用できる(Apple Payで確認するカードデザインに「Visa」のマークが入る)。未設定の場合は従来と同じ手順で登録・認証すると、Visaの決済機能が利用できるようになる。
 なお、三井住友カードはApple Pay対応を記念し、対象クレジットカードでVisaのタッチ決済を利用すると、利用金額の15%・最大1000円分を還元する「VisaのApple Pay 対応記念!最大1,000円分プレゼントキャンペーン」を実施する。