三井住友カードは、自社発行のVisaブランドカードのApple Pay対応を記念し、Apple Payの「Visaのタッチ決済」の利用で最大1000円還元する「VisaのApple Pay 対応記念!最大1,000円分プレゼントキャンペーン」を実施している。キャンペーン期間は6月30日まで。

 Visaのタッチ決済は、国内外のVisaのタッチ決済加盟店で、カードや設定済みのNFC搭載スマートフォン・ウェアラブル端末を読み取り機にかざし、認証するだけで決済できる非接触のキャッシュレス決済サービス。Visaのタッチ決済対応マークがあるVisa加盟店で利用でき、利用可能店舗一覧はウェブサイトで公開している。
 今回の対応記念キャンペーンでは、Apple Pay(iPhone 7以降/Apple Watch Series 2以降)でVisaのタッチ決済を利用すると、キャンペーン分として、最大1000円分を上限に、Visaのタッチ決済での利用金額の15%をVisa LINE Payクレジットカードが請求額からの割引で、他がVポイントで付与する形でキャッシュバックする。なお、新規入会キャンペーンとの重複適用はない。
 対象カードは、「三井住友カード(NL)」をはじめとする三井住友カードのスタンダードカード、ANAカード、Visa LINE Payクレジットカード。店舗のセルフレジでは「クレジットカード」を選ぶ必要があり、「Apple Pay」や「iD」を選ぶと後払い電子マネーのiDでの支払いになるためキャンペーン対象外。
 Apple Payに対応するVisaカード発行会社は、他に、アプラス、SMBCファイナンスサービス、NTTドコモ、エムアイカード、クレディセゾン、ジャックス、楽天カード(2021年5月現在)。いずれもVISAのロゴがあるカードのみとなる。
 各カードとも、既にApple Payに対応Visaカードを設定済みの場合は自動更新を待つか、手動でいったんカードを削除した後、カード番号を再入力すると、iPhone/Apple WatchでVISAカードとして利用できる。