コロナ禍でも、テイクアウト需要などのある牛丼チェーン。6月は、お得に牛丼をゲットできるチャンスが目白押しだ。節約志向の人は、ぜひ積極的に利用してほしい。吉野家・松屋・すき家のおすすめキャンペーンをまとめた。

●吉野家はテイクアウトがお得!


 吉野家は、6月1日に牛丼・牛皿の全サイズを対象に10%割引キャンペーンを開始した。ファミリーパックにも対応しているので、家族と自宅で食事する際にもおすすめだ。期間は6月13日24時まで。
 また、スマートフォン(スマホ)決済サービス「d払い」を利用しているならば、20%還元のチャンスもある。こちらも対象はテイクアウトで、d払いアプリ内の「予約・注文サービス」を利用すれば、購入金額の20%分のdポイントをもらうことができる。還元上限は500ポイント。期間は6月6日までとなる。d払い(コード決済)は対象外、またエントリー必須という点に注意しよう。

●松屋はPayPayとコラボ


 松屋は、創業55周年記念としてスマホ決済サービス「PayPay」とコラボしたキャンペーンを開催中。PayPayで決済するとくじを引くことができ、最大全額が戻ってくる。くじの内訳は、1等が100%、2等が55%、3等が1%。2回に1回の確率で当たるので、PayPayユーザーなら挑戦してみる価値はある。還元上限は1万円/回・期間。6月16日まで実施している。

●すき家はセゾンアメックスで最大30%還元


 対象ユーザーは少し限定されるが、すき家はクレディセゾンが発行するアメリカン・エキスプレスのカードで決済すると最大30%が還元されるキャンペーンを開催している。還元上限は500円。事前登録した7万人限定なので、もし該当するなら早めにキャンペーンにエントリーすることをおすすめする。
 各牛丼チェーンのキャンペーンは、キャッシュレス決済とひも付いたものが多い。もし利用したことのない決済手段があるなら、これを機に登録してみるのもいいだろう。月替わりにさまざまなキャンペーンを展開しているので、今後も使用する機会はあるはずだ。(BCN・大蔵大輔)