東日本旅客鉄道(JR東日本)は7月6日に、サブスクリプションサービス「JREパスポート」の提供を開始した。

 「JREパスポート」では、通勤定期券を持っているJRの乗降客を対象に、さまざまなサービスをサブスクリプションで提供する。
 サービス開始時点では、上野駅・秋葉原駅・八王子駅でコーヒーと駅そばを提供するほか、すべての「STATION BOOTH」をシェアオフィスとして提供している。
 あわせて、JR東日本では新鮮な商品をを都心近郊の物流拠点エリアである大宮駅まで輸送してほしいという要望に応えるべく、昼過ぎに大宮駅に到着する旅客列車を新たに臨時で設定し、輸送トライアルを実施する。
 同トライアルでは、一部客室を利用して1回あたり100箱程度のの地域産品などを輸送することを想定している。