スターバックスコーヒー ジャパンは、都道府県限定の計47種類の限定フラペチーノ「47JIMOTO フラペチーノ」を6月30日から販売している。いずれも8月3日までの期間限定・数量限定。いわば「ご当地スタバ」だ。

 フラペチーノ好きとしては47都道府県全て制覇したいところだが、金銭的にも時間的にも難しい。そこでひとまず、埼玉・東京・神奈川の1都2県のJIMOTOフラペチーノをゲット。個人的な好みは、キャラメルとコーヒーを組み合わせた、東京都内の店舗限定の「東京 オリジン コーヒー ジェリー キャラメル フラペチーノ」だった。
 今回のご当地スタバのナンバリングは、JIS規格で定められた都道府県コード(番号)と一致している。よって番号の小さい順、埼玉・東京・神奈川の順に1日で訪問可能なルートを紹介しよう。もちろん逆方向も所要時間は基本的に同じだ。

●電車利用 所沢〜練馬〜武蔵小杉(西武池袋線〜メトロ副都心線〜東急東横線)


 まずは、西武池袋線・西武新宿線の2線が乗り入れる所沢駅からスタート。所沢駅直結の商業施設内「グランエミオ所沢西口1階店」または「グランエミオ所沢東口2階店」を訪問した後、西武池袋線に乗車し、練馬駅で下車して駅徒歩1分の「エミオ練馬店」を訪問する。
 同駅から東京メトロ副都心線・東急東横線直通 元町・中華街行きの列車に乗車して東急東横線の武蔵小杉駅で下車する。ここまでの所要時間は、1店舗あたり30分滞在で計算して約2時間半。武蔵小杉駅から徒歩1分の「武蔵小杉東急スクエア店」を訪問すると、わずか3時間弱で埼玉・東京・神奈川の限定フラペチーノをゲットできる。
 実際には連続して飲めないと思われるので、同時に買い物や観光なども楽しむといいだろう。そもそも1日で回る必要はない。ちなみに武蔵小杉ではなく、横浜駅まで足を延ばす場合は、所要時間は乗車時間だけで13分ほど増える。

●電車利用 JR大宮〜池袋〜大船(湘南新宿ライン)または大宮〜東京〜大船(上野東京ライン)


 こちらはJR東日本線オンリーのルート。大宮駅周辺にあるいずれかのスターバックス店舗に立ち寄った後、湘南新宿ライン(または埼京線)に乗車し、いったん池袋駅または新宿駅で下車。駅付近の店舗のいずれかを訪問し、再び湘南新宿ラインの東海道線直通または横須賀線直通に乗車し、大船駅で下車する。最終目的地は今年3月にオープンしたばかりの「大船グランシップ店」(横浜市栄区)だ。なお、大船駅構内にも「大船ルミネウィング店」(鎌倉市)がある。
 湘南新宿ラインはやや本数が少ないので、上野東京ラインのほうが乗り継ぎが楽かもしれない。東京エリアは、東京駅構内の「東京駅エキュート京葉ストリート店」を利用すると運賃は最低限に収まる。その後、再び上野東京ライン(東海道線)に乗車し、川崎・横浜・戸塚・大船・藤沢・辻堂・茅ヶ崎・平塚まで、どの駅で下車しても駅の近くにスタバはある。辻堂以外はおおむね徒歩3分以内だ。

●車利用は高速道路利用で


 高速道路を利用しない場合は、埼玉・東京または東京・神奈川の店舗間の移動時間を20分以内にとどめ、あとは残りの県にのんびり時間をかけていくと1日で1都2県回れるはずだ。高速道路の利用を前提とすると、1日で千葉を含む首都圏1都3県制覇や、東京・神奈川と静岡、群馬・埼玉・東京など、他の組み合わせによる1日で1都2県制覇も不可能ではなくなる。繰り返しになるが、そもそも1日で異なる都道府県の複数店舗を回る必要はない。
 ちなみにスターバックスの公式アプリには、全国のスターバックス店舗の利用でスタンプがたまる「マイストアパスポート」があり、47都道府県制覇にチャレンジできる「都道府県メダル」が47JIMOTO フラペチーノ発売日の6月30日にスタートしている。
 スターバックス日本上陸25周年の第2弾として、地元のパートナー(従業員)がこれまでの感謝と、今後の末永いつながりへの想いをこめて考案したという47JIMOTO フラペチーノは、地元愛を刺激しつつ、居住地以外の都道府県の特産物や風土、日本の地理に興味をもつきっかけになるだろう。全国各地に店舗を出店しているからこそできる面白い試みだ。(BCN・嵯峨野 芙美)
※JIMOTOフラペチーノは各都道府県にある店舗限定販売(一部店舗を除く)です。記事内で紹介した店舗を全て訪問したわけではないため、実際には取り扱いがない場合があります。あらかじめご了承ください。