Amazonは10月30日〜11月8日の期間に開催される「第34回東京国際映画祭」で、短編映画の審査によって才能ある新人監督の発掘を目的とした「Amazon Prime Video テイクワン賞」を新設する。

 応募条件はこれまで商業映画の監督、脚本、プロデューサーを担当したことがない日本在住の映画作家の作品であること。
 受賞者には、Amazonから贈呈される100万円の賞金に加え、Amazonスタジオと長編映画の製作を模索し、脚本開発に取り組む機会などが提供される。
 また、同賞ファイナリストに選出された作品は、東京国際映画祭期間中に公式上映会場で一般観客に向けて上映される。
 Amazonでは、同賞への協賛によって、クリエーターの才能を発掘し、今後映画製作での新しい才能を世界へ発信することに貢献していく考え。