宝酒造は8月10日に、寶「極上レモンサワー」<味が変わる!?レモンサワー>を、数量限定で発売する。アルコール分7%の350ml缶で、価格は195円。

 寶「極上レモンサワー」シリーズは、名店のレモンサワーの味わいを参考に焼酎とレモンにこだわり抜き、ベースアルコールには独自の味わい深い樽貯蔵熟成焼酎などを厳選した宝焼酎を、フレーバーごとに最適な種類・比率でブレンドして使用している。また、さまざまなレモン素材の活用によって、レモンの複雑で本格的な果実感を実現するとともに、プリン体ゼロ・甘味料ゼロで健康意識の高い消費者ニーズにも応える。
 今回発売する寶「極上レモンサワー」<味が変わる!?レモンサワー>は、東京・小岩の名店「素揚げや」監修のレモンサワーで、凍らせたレモンを氷代わりに使用し、時間がたつにつれ味わいが変化する同店の看板レモンサワーを参考に、中身を2層に分けて“すっきりとしたレモン感”から始まり、飲み進めるうちに“濃厚なレモン感”への味変(あじへん)を楽しめる。
 パッケージ裏面には、商品へのこだわりを語る素揚げや店主のイラストをあしらい、名店監修によるこだわりのフレーバーであることを表現している。