サブスクリプションサービス(サブスク)の定義は定まっていないが、「月額制または年額制」「事前決済・未利用でも返金なし」「一定の条件で利用し放題」などが挙げられるだろう。メインのサービスにプラスアルファの複数のサービスと追加した総合サービスも多い。
 トヨタファイナンスは、モビリティライフの充実を目指すサブスクリプションプラットフォーム「TFC SubscMall」をリリースした。先行導入販売店(徳島県、茨城県)で開始し、順次拡大していく。
 クルマまわりに便利なカー用品や、暮らしに便利なサービスなどを定額で利用できる。具体的には、デジタル会員証の提示で、クルマの定額洗車サービス、車内抗菌などのメンテナンスサービス、キャンプ用品、ハイエンドカメラのレンタル(GooPass)、窯元での作陶体験などを提供する。2022年にはトヨタの決済アプリ「TOYOTA Wallet」と連携予定で、本格サービスは連携後だろう。将来性のある新サブスクだ。
 モビリティ分野では、東京都西多摩地区(奥多摩町、青梅市、あきる野市、羽村市、福生市、昭島市、瑞穂町、武蔵村山市、東村山市、立川市、八王子市)・U-25(25歳以下)限定のクルマのサブスクサービス「NoriCa(ノリカ)」が登場した。通常のカーリースとは異なり契約期間の縛りがなく、好きな時に借りて、好きな時に返せる。車種は軽自動車限定。費用は準備金5万円、月額2万5000円で、車検、税金、自賠責保険を含む。
 飲食サブスク分野では、CRISPがサラダの定期配送型サブスクサービス「CRISP REPLENISH(クリスプ・リプレニッシュ)」を正式にローンチ。サービス開始時点は、東京都港区全域と一部の周辺エリア(港区麻布十番1-5-6から半径3.5km範囲)限定と、極めて狭い範囲だが、意外にも買い物が不便といわれる港区在住者にはうれしいサービスだ。
 また、飲食デリバリーの大手、Uber Eatsは対象店舗の注文時の配送手数料がいつでも無料になり、実質的に配送が利用し放題になるサブスクサービス「Eats パス」の年間プランを40%オフで利用できるキャンペーンを実施している。期間は9月30日まで。サブスクは、いつでも使いたい期間だけ使える仕組みがメリットだが、年間プランも選べる場合、月単位より年間契約のほうが12カ月連続利用時は割安だ。