毎月恒例のスマートフォン決済サービスのキャンペーンは9月に入り、続々と新しいものがスタートしている。今月はPayPayの20%還元や楽天ペイの抽選で最大50%還元などが狙い目。また地域に特化したキャンペーンも数多く展開されているので、チェックしてほしい。

●PayPayは9月13日から20%還元がスタート


 PayPayの9月の注目キャンペーンは「街のPayPay祭(まちのペイペイまつり)」。PayPay加盟店のうち、キャンペーンポスターなどのある対象加盟店で、PayPayアプリでレジなどに掲出されたコードを読み取り、支払額を入力して決済する「スキャン支払い」を利用すると、1回・期間中合計1000円相当を上限に、決済額の最大20%のPayPayボーナスが付与される。
 8月25日〜11月28日の対象期間中に初めてPayPayを利用したユーザー、過去6カ月間(2021年3月1日〜9月12日)に一度もPayPayを利用していないユーザーは、20%のPayPayボーナスを上乗せして付与するため、最大40%還元となる点も見逃せない。
 9月はソフトバンクユーザーがお得な月でもある。「ソフトバンクユーザー限定!日曜日はセブン-イレブンアプリでおトクキャンペーン」「出前館でPayPayでのお支払いでソフトバンクスマホユーザーなら10%戻ってくる!キャンペーン」「吉野家でPayPayでのお支払いでソフトバンクスマホユーザーなら10%戻ってくる!キャンペーン」などが開催されているので、対象のユーザーは押さえておこう。
 また、セブン−イレブンはセブン‐イレブンアプリにPayPayを登録していると5週間にわたり限定の半額クーポンをもらえるキャンペーンも実施している。配信日の3日前(日曜日)までに登録しておくことが条件なので、早めに対応しておくことをおすすめする。

●楽天ペイは抽選で50%還元のチャンス


 楽天ペイは「楽天ペイと楽天ポイントカードを使って抽選で最大50%ポイント還元キャンペーン!」を8月23日から開催中。エントリーのうえ、対象店舗で楽天ポイントカードを提示して1ポイント以上獲得し、楽天ペイアプリのコード表示・QR読み取りで期間中合計500円以上を支払うと、抽選で400人に期間中の決済額の50%(上限1万ポイント)、2万人に100ポイントをプレゼントする。期間は9月30日まで。
 またスーパーでは抽選で最大1万ポイントをプレゼントする「全国のスーパーで抽選!新規は当選確率2倍!最大50%還元キャンペーン」も開催している。エントリーのうえ、対象のスーパーで、楽天ペイアプリのコード表示・QR読み取り・セルフで期間中合計3000円以上支払うと、抽選で、1等として期間中の決済額の50%(上限1万ポイント)を500人に、2等として200ポイントを3万人にプレゼントする。
 対象スーパーはイトーヨーカドー、ヨークフーズ、京急ストア、西友、ベルク、ベイシア、東急ストア、東武ストアなど(一部店舗は対象外)。キャンペーン対象店舗一覧にロゴのない店舗でも、キャンペーンのポスターが掲示されている場合は対象となる。また、9月15日から小田急線沿線のスーパー、Odakyu OXが対象に加わる。

●地域限定キャンペーンにも注目


 9月は地域特化のキャンペーンも盛んだ。たとえば、東京都新宿区は9月1日〜30日で、スマートフォン決済サービス「au PAY」「d払い」「PayPay」「楽天ペイ」などで支払うと、ポイントや残高を還元する「がんばろう!新宿応援キャンペーン」を開催している。
 期間中、キャンペーンポスターやステッカーなどを掲出している対象店舗において先に挙げたスマホ決済で支払うと、決済金額の最大25%のポイントを付与する。1決済事業者あたり、1回3000円相当、期間中1万円相当を上限としている。還元額の総額は6億円相当で、期間中でも還元総額に達し次第キャンペーンは終了する。新宿区以外にも全国でさまざまなキャンペーンが展開されているので、生活圏に近い場所で開催されていないか、確認しておくとよいだろう。(BCN・大蔵大輔)