三省堂書店は9月2日、本社・本店ビル(神保町本店)を建て替えることを発表した。

 現社屋は、1981年3月に創業100周年記念事業として竣工致した。その後、長きにわたり神保町本店(旧・神田本店)として、多くの顧客に利用されてきたが、建設から約40年が経過し建物設備の老朽化が進んだことから、建て替えを決定した。
 スケジュールは、2022年3月下旬に神保町本店の営業を終了し、同年4月から解体を開始、その後2025〜2026年頃の竣工を予定している。新たな建物には、本の街・神田神保町にふさわしく、今後も多くの人に愛される新・神保町本店を検討していく。また、これにともない本社部門は移転を予定しているが、移転先と工事期間中の仮店舗は現在検討中としている。