シャープは9月24日から、ライカカメラ監修のカメラと、世界初の1〜240Hz駆動OLEDディスプレイ「Pro IGZO OLED」を搭載した5G対応スマートフォン「AQUOS R6」(SH-M22)のSIMフリーモデルを順次発売する。

 「AQUOS R6」は、センサーやレンズの設計、画質の調整を含むカメラシステムの開発をライカカメラと共同で行っている。スマートフォンとしては最大級の1インチセンサーと、「ズミクロン」の称号を得たF1.9/焦点距離19mmの7枚構成レンズを採用し、圧倒的な集光量によって暗い場所でも高感度、かつ広角から望遠までひずみを抑えた撮影を可能にしている。
 スマートフォンが得意とするコンピュテーショナルフォトグラフィー(デジタル画像処理技術)を融合し、デジタルズーム時でも細部の輪郭まで緻密に再現でき、夜景撮影時にはノイズを抑えたダイナミックレンジの広い描写が可能になるなど、昼夜、室内外を問わず、その場の“空気感”を記録する。
 OLEDディスプレイ「Pro IGZO OLED」は、表示コンテンツに応じて駆動速度を自動で切り替えられるため、高い省エネ性能と滑らかで残像を抑えたクリアな表示を両立できる。また、10億色の色彩階調と、2000万:1の高コントラスト、業界最高となる2000nit(シャープ調べ)の高いピーク輝度で、HDRコンテンツを明るく臨場感のある立体的な映像で表示する。
 そのほか、高速かつ高精度な指紋認証を実現するQualcomm 3D Sonic Max、5000mAhの大容量バッテリを採用している。
 CPUにQualcomm Snapdragon 888 5G Mobile Platform、6.6インチ「Pro IGZO OLED」ディスプレイ(解像度1260×2730)、メモリ12GB、128GBのストレージ、有効画素数約2020万画素のアウトカメラ、有効画素数約1260万画素のインカメラなどを搭載する。
 対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/b/ac/ax準拠の無線LANと、Bluetooth 5.2。OSはAndroid 11。
 サイズは幅74.0×高さ162.0×奥行き9.5mmで、重さは約207g。