バンダイナムコグループは9月15日、「第2回ガンダムカンファレンス」を開催した。ガンダム事業を統括する藤原孝史チーフガンダムオフィサー(CGO)が登壇し、外部パートナーの新たな呼称「G-PARTNER」や実物大ガンダム新立像計画、2022年の新作アニメーション展開などを発表した。

 新たな実物大の立像は、新機体「RX-93ff ν(ニュー)ガンダム」。22年春に三井ショッピングパーク ららぽーと福岡に設置する。新機体は、国内だけでなく世界でも人気のある1988年に公開された映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場した「RX‐93 νガンダム」がベース。ロングレンジ・フィン・ファンネルとガンダムシリーズの総監督を務める富野由悠季氏監修のもと、平和への想いを込めてトリコロールのマーキングが施されている。そのほか、ファンが喜ぶような仕掛けも予定しているという。
 また、ららぽーと福岡にガンダムの世界を体感できる新スポット「ガンダムパーク福岡」の設置を計画している。オープンスペースとガンダム要素をもつエンターテインメント施設が融合したガンダム複合空間として、今までにない最新スポットになるという。
 新作TVアニメーションは「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。ガンダムシリーズのTVアニメーション作品としては、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の放送から7年ぶりの新作となる。
 グループが総力をあげて展開するだけでなく、「G-PARTNER」も力を合わせて新たなタッチポイントを創出することで、今まで以上の大型展開を目指す。全世界の10代を中心とした若年層のファンを獲得するための展開に注力し、今後のガンダムを支えていく作品として押し出していく方針を明らかにしている。
 また、新作映画「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」の製作が決定した。機動戦士ガンダム15話のククルス・ドアンの島にフォーカスし、新たな切り口で描く作品。2022年に劇場公開予定としている。
 さらに、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」TV シリーズのスタッフが再集結し手掛ける最新作「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント」と、世界観がゲームで楽しめるスマートフォン向けアプリケーション「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ G」の配信を2022年春に予定している。
 このほか、教育分野における新たなプロジェクト「ガンダムエデュケーショナルプログラム」を始動。18mの動くガンダムの前で、制作に携わった研究者や技術者、スタッフがものづくりの楽しさなど伝える「ガンダムファクトリー横浜エデュケーショナルサポート」と、ガンプラを通じてものづくりの楽しさと地球環境について考える「ガンプラアカデミア」を実施する。